交通事故・後遺障害・示談交渉の相談。横浜弁護士会 弁護士 前島 憲司。小田急・本厚木駅南口徒歩0分、相模大野駅徒歩3分、JR・京王八王子駅徒歩5分。

厚木・相模原 弁護士による交通事故相談

前島綜合法律事務所
  • HOME
  • 当の事務所の特徴
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 解決までの流れ
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 相談の流れ
  • 弁護士費用
  • 事務所紹介
  • HOME
  • 後遺障害等級認定のポイント

後遺障害等級認定のポイント

後継者問題.jpg

 実際に,後遺障害等級が認定されるためには何が必要なのでしょうか。

 後遺障害等級を認定している機関は,損保料率機構の自賠責損害調査事務所です。

 交通事故によって生じた症状が後遺症として現在も残存しているということを自賠責損害調査事務所に認めてもらう必要があります。


 
 そして,自賠責損害調査事務所では,後遺障害に該当するか否かは,事故当時の診断書,MRIやCT等の画像資料,事故後からの入通院日数,後遺障害診断書などを総合的に考慮して,
①後遺障害の有無
②交通事故と後遺障害との間の因果関係の有無
を判断しているのが実情です。

そのため,後遺障害等級が認められるために,
①後遺障害が医学的に証明できるか
②その後遺障害が交通事故によって生じたものであること

が認められなければなりません。


 上記の要件が認められるためには,後遺障害診断書のほか,MRI画像やCT画像といった画像診断等といった他覚的所見により後遺症として残存していると証明できることが原則です。

 もっとも,事故によって生じた痛みが残存していることが画像診断等により医学的に証明ができなくとも,しびれや痛みが感覚として残っている場合には,受傷時の状態や治療の経過から,神経症状が交通事故によって生じたものと説明がつくと認められれば,14級9号「局部に神経症状を残すもの」が認められる可能性があります。後遺障害等級14級9号が認められるためには,受傷時の状態や治療経過がポイントとなってきます。

 以上から,等級の数字いかんに関わらず,後遺障害等級が認められるポイントとしては,

①交通事故の初診から担当医に自分が感じている症状をすべて申告し診断書にその症状を記載してもらい証拠として残しておくこと

②その際には,MRIやCT,レントゲンを撮っておくこと

③後遺障害診断書を書いてもらう時に,自己の症状をすべて伝えること

④後遺障害診断書に自分の症状が適切に表現されているかを自ら確認すること。もし自分の症状が後遺障害診断書に記載されていないのであれば,担当医に対して当該症状を記載してもらうよう求めること
が重要です。