交通事故・後遺障害・示談交渉の相談。横浜弁護士会 弁護士 前島 憲司。小田急・本厚木駅南口徒歩0分、相模大野駅徒歩3分、JR・京王八王子駅徒歩5分。

厚木・相模原 弁護士による交通事故相談

前島綜合法律事務所
  • HOME
  • 当の事務所の特徴
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 解決までの流れ
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 相談の流れ
  • 弁護士費用
  • 事務所紹介

前頭骨陥没骨折による外傷性てんかん

 30image1.jpeg30image2.jpeg


 通常,頭蓋骨骨折,脳挫傷の被害者には,外傷性てんかんの予防的措置として,一定期間,抗けいれん薬が投与されています。
 ただ,ほとんどのケースで外傷性てんかんを発症することはありません。
 外傷性てんかんとは,脳挫傷による瘢痕部から発せられる異常な天気的信号に,周辺の正常な脳神経細胞が付和雷同してしまい,大騒ぎしている状態をいいます。
 しかし,頭蓋骨陥没骨折後に限っては,外傷性てんかんを高頻度で発症してしまうのです。
30image3.gif

強直性全身痙攣発作


 外傷性てんかんの発作には,大発作,焦点発作,精神運動発作があります。
 発作を繰り返すことにより周辺の正常な脳神経細胞も傷つき,性格変化や知能低下の精神障害を来し,高度になると痴呆・人格崩壊に至ります。
30image4.gif

間代性全身痙攣


 深刻な障害ですが,治療は発作を抑える抗けいれん薬の内服による薬物療法が基本です。
 内服で発作を抑えられないケースでは,発作焦点となっている脳の部分切除がなされます。
 ただ,このケースでも,術後は長期にわたる薬物療法が続けられます。
 内服を続けながら,脳波検査にて,てんかんを示すスパイク波・鋭波の消失を待つのです。
 抗けいれん薬を内服中の女性は妊娠を避ける必要があります。

その他の後遺障害に関連した傷病

精神・神経の傷病名と後遺障害のポイント

頭部外傷・高次脳機能障害

上肢・手指

ImgTop10.jpg

本厚木駅前事務所 相模大野駅前事務所
uqeiprgueq@eh8.jpg sagamioono1023.jpg
八王子事務所
eyhrfoiaebgfoi.jpg

当事務所の基本情報

事務所概要.png 料金表.png
弁護士紹介.png アクセス.png
解決事例.png TOP.png