交通事故・後遺障害・示談交渉の相談。横浜弁護士会 弁護士 前島 憲司。小田急・本厚木駅南口徒歩0分、相模大野駅徒歩3分、JR・京王八王子駅徒歩5分。

厚木・相模原 弁護士による交通事故相談

前島綜合法律事務所
  • HOME
  • 当の事務所の特徴
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 解決までの流れ
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 相談の流れ
  • 弁護士費用
  • 事務所紹介

脳挫傷+対角線上脳挫傷=対側損傷


 頭部外傷では,衝撃が加わった部位と対角線の位置に脳挫傷や脳内出血などの脳損傷を発症することがあります。対側損傷と呼ばれています。

32image1.jpeg32image2.jpeg 32image3.jpeg

 頭部に衝撃が加わったとき,脳に加速および減速力が生じて,打撃の直下に脳損傷=直撃損傷が生じます。
 同時に,打撃部の反対側は,陰圧を生じ,この部位に脳損傷=対側損傷を発生させることがあります。
 特に,後頭部への衝撃に際して前頭葉や側頭葉に脳損傷を生じることが多いと報告されています。
 上記のCTは,前頭葉左側部の頭蓋骨骨折+脳挫傷ですが,衝撃波により対角線上の右後頭部に脳挫傷を発症しています。
 衝撃波による対側損傷では,びまん性軸索損傷を伴うことが多いです。
 重度な意識障害があるときは,びまん性軸索損傷の可能性を疑い,精査しなければなりません。
 幸いこの被害者には重度な意識障害はなく,MRI T2スターでもびまん性軸索損傷は認められていません。
 軽度の遂行機能障害を残し,9級10号が認定されました。

その他の後遺障害に関連した傷病

精神・神経の傷病名と後遺障害のポイント

頭部外傷・高次脳機能障害

上肢・手指

ImgTop10.jpg

本厚木駅前事務所 相模大野駅前事務所
uqeiprgueq@eh8.jpg sagamioono1023.jpg
八王子事務所
eyhrfoiaebgfoi.jpg

当事務所の基本情報

事務所概要.png 料金表.png
弁護士紹介.png アクセス.png
解決事例.png TOP.png