交通事故・後遺障害・示談交渉の相談。本厚木駅南口徒歩1分、相模大野駅徒歩3分、JR・京王八王子駅徒歩5分。弁護士法人前島綜合法律事務所。

厚木・相模原 弁護士による交通事故相談

前島綜合法律事務所
  • HOME
  • 当の事務所の特徴
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 解決までの流れ
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 相談の流れ
  • 弁護士費用
  • 事務所紹介

手根骨の有頭骨骨折

16image1.gif

有頭骨とは

 有頭骨とは,中指の中手骨の真下にある手根骨の1つで,右手では有鈎骨(ゆうこうこつ)の左横に位置しています。
 交通事故では,転倒した際に手をつく,あるいは,直接の打撲で骨折することが多く,自転車やバイクの事故で,有頭骨を骨折するケースが多いです。
 有頭骨の骨折では,手首の可動域制限(12級6号)と,運動時の疼痛(12級13号ないし14級9号)の後遺障害が残る可能性があります。
  • 14級9号=局部に神経症状を残すもの
  • 12級13号=局部に頑固な神経症状を残すもの
  • 12級6号=1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの

有頭骨骨折における後遺障害について

 早期の段階で,画像で証明された確定診断に漕ぎ着けることが重要です。
 有頭骨の骨折は,それほど痛みが強いものではなく,またXPでは確認しにくいという特徴があります。
 それゆえ,早期の段階で,有頭骨骨折を見逃してしまう可能性があるのです。
 初診のXPで有頭骨骨折が確認されないまま,3~4ヶ月が経過し,その後に有頭骨骨折が発見されても,自賠責調査事務所は事故から時間が経過しているため本件事故との因果関係を疑います。
 これを被害者側で立証できないときは,骨折が認められているのに,交通事故に基づく骨折と認められない可能性があります。
 有頭骨骨折を見逃さないようにするためには,交通事故により転倒し,手をつく,あるいは,直接の打撲があり,少しでも痛みがあるのであれば,早期(受傷二ヶ月以内)に精密検査をすることが重要です。

その他の後遺障害に関連した傷病

精神・神経の傷病名と後遺障害のポイント

頭部外傷・高次脳機能障害

上肢・手指

ImgTop10.jpg

本厚木駅前事務所 相模大野駅前事務所
motoatugi.JPG sagamioono1023.jpg
八王子事務所
eyhrfoiaebgfoi.jpg

当事務所の基本情報

事務所概要.png 料金表.png
弁護士紹介.png アクセス.png
解決事例.png TOP.png
本厚木駅前事務所 〒243-0014 神奈川県厚木市旭町一丁目27番1号 後藤ビル2階
相模大野駅前事務所 〒252-0303 相模原市南区相模大野4丁目5番5号 相模大野ロビーファイブ2階D棟204
八王子事務所 〒192-0081 東京都八王子市横山町25-16 フロイデンビル3階A号室
初めての方でも安心してご相談いただける地元厚木・相模原・八王子の法律事務所です。
Copyright (C) 弁護士法人前島綜合法律事務所 All Rights Reserved.