交通事故・後遺障害・示談交渉の相談。本厚木駅南口徒歩1分、相模大野駅徒歩3分、JR・京王八王子駅徒歩5分。弁護士法人前島綜合法律事務所。

厚木・相模原 弁護士による交通事故相談

前島綜合法律事務所
  • HOME
  • 当の事務所の特徴
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 解決までの流れ
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 相談の流れ
  • 弁護士費用
  • 事務所紹介

手指伸筋腱損傷

40image1.gif

指を上から見たときの解剖図

伸筋腱損傷について

 伸筋腱(しんきんけん)が断裂すると,筋が収縮しても,その力が骨に伝達されることはなく,手指を伸ばすことができなくなります。
 切創(せっそう)や挫創(ざそう)による開放性損傷と,創がなくて生じる閉鎖性損傷,皮下断裂があります。
 皮下断裂は,突き指などの外力によって生じるもので,これが圧倒的に多数です。
 開放損傷により,手の甲で腱が断裂したときは,MP関節での手指の伸展が不良となります。
 しかし,手背部の伸筋腱は,腱間結合という組織で隣の伸筋腱と連結しているので,完全に伸展することはできませんが,一定程度までの伸展は可能です。

伸筋腱損傷の症状について

 症状としては,手指の関節の伸展が不良となります。
 骨折と違い,強い疼痛を伴うことはありません。
 DIP,PIP関節の背側での皮下断裂は,放置すると伸筋腱のバランスが崩れ,スワンネック変形やボタンホール変形という手指の変形に発展します(下図参照)。
40image2.gif
 開放性損傷では,早期に開創し,短縮している腱の断端を引き寄せて縫合しなければなりません。
 DIP,PIP関節背側での皮下断裂は,一般的には保存療法で治療し,装具により手指を伸ばした状態で4週間以上固定します。
 この間,固定を外さないようしなければなりません。
 病的断裂では,手関節背側で生じた皮下断裂は手術が必要です。
 断裂した腱の断端同士を縫合ができないことが多く,腱移行術や腱移植術などが行われています。

その他の後遺障害に関連した傷病

精神・神経の傷病名と後遺障害のポイント

頭部外傷・高次脳機能障害

上肢・手指

ImgTop10.jpg

本厚木駅前事務所 相模大野駅前事務所
motoatugi.JPG sagamioono1023.jpg
八王子事務所
eyhrfoiaebgfoi.jpg

当事務所の基本情報

事務所概要.png 料金表.png
弁護士紹介.png アクセス.png
解決事例.png TOP.png
本厚木駅前事務所 〒243-0014 神奈川県厚木市旭町一丁目27番1号 後藤ビル2階
相模大野駅前事務所 〒252-0303 相模原市南区相模大野4丁目5番5号 相模大野ロビーファイブ2階D棟204
八王子事務所 〒192-0081 東京都八王子市横山町25-16 フロイデンビル3階A号室
初めての方でも安心してご相談いただける地元厚木・相模原・八王子の法律事務所です。
Copyright (C) 弁護士法人前島綜合法律事務所 All Rights Reserved.