交通事故・後遺障害・示談交渉の相談。横浜弁護士会 弁護士 前島 憲司。小田急・本厚木駅南口徒歩0分、相模大野駅徒歩3分、JR・京王八王子駅徒歩5分。

厚木・相模原 弁護士による交通事故相談

前島綜合法律事務所
  • HOME
  • 当の事務所の特徴
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 解決までの流れ
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 相談の流れ
  • 弁護士費用
  • 事務所紹介

親指CM関節脱臼

49image1.gif

 物をつまむとき,ビンのふたを開けるときなど親指に力を必要とする関節をCM関節と呼びます。
 CM関節=第1手根中手骨関節は,親指が他の指と向き合って,物をつまむ動作ができるように働いています。
 CM関節を脱臼,亜脱臼すると,手首の親指の付け根付近に疼痛を発症します。
 進行すると親指付け根部分が腫脹,親指が開きにくくなり,親指の指先の関節IP関節が曲がり,白鳥の首変形を来します。
 母指の付け根のCM関節のところに腫脹を認め,押すと疼痛があり,親指を捻るようにすると疼痛が増強します。
 脱臼,亜脱臼はXP検査で立証します。

49image2.gif
 治療としては,消炎鎮痛剤入りの貼り薬を貼り,CM関節保護用の軟性装具を付けるか,固めの包帯を母指から手首にかけて8の字型に巻いて動きを制限します。
 それでも不十分なときは,消炎鎮痛剤の内服と関節内注射を併用します。
 痛みが強く,亜脱臼を伴う高度な関節の変形や親指の白鳥の首変形が見られる時には,関節固定術や大菱形骨の一部を切除して靱帯を再建する切除関節形成術などの手術が必要になります。
 手術に至らないものでも,親指の可動域制限を残しますが,正常値の2分の1以下には制限されないケースがほとんどです。

 したがって,親指の可動域制限という症状があって,後遺障害がなかなか認められないケースが多いように思います。

その他の後遺障害に関連した傷病

精神・神経の傷病名と後遺障害のポイント

頭部外傷・高次脳機能障害

上肢・手指

ImgTop10.jpg

本厚木駅前事務所 相模大野駅前事務所
uqeiprgueq@eh8.jpg sagamioono1023.jpg
八王子事務所
eyhrfoiaebgfoi.jpg

当事務所の基本情報

事務所概要.png 料金表.png
弁護士紹介.png アクセス.png
解決事例.png TOP.png