交通事故・後遺障害・示談交渉の相談。横浜弁護士会 弁護士 前島 憲司。小田急・本厚木駅南口徒歩0分、相模大野駅徒歩3分、JR・京王八王子駅徒歩5分。

厚木・相模原 弁護士による交通事故相談

前島綜合法律事務所
  • HOME
  • 当の事務所の特徴
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 解決までの流れ
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 相談の流れ
  • 弁護士費用
  • 事務所紹介

手指の靱帯・腱損傷および骨折における後遺障害について 1

1 手指の用廃 



手指の機能障害による後遺障害等級
4級6号 両手の手指の全部の用を廃したもの
指の末節骨の長さの2分の1以上を失ったもの,中手指節関節または近位指節間関節(親指では指節間関節)に著しい運動障害を残したもの,著しい運動障害とは運動可動域が健側の2分の1以下に制限されたものを言います。
7級7号 1手の5の手指または親指を含み4の手指の用を廃したもの
8級4号 1手の親指を含み3の手指の用を廃したものまたは親指以外の4の手指の用を廃したもの
9級13号 1手の親指を含み2の手指の用を廃したものまたは親指以外の3の手指の用を廃したもの
10級7号 1手の親指または親指以外の2の手指の用を廃したもの
12級10号 1手の人差し指,中指または薬指の用を廃したもの
13級6号 1手の小指の用を廃したもの
14級7号 1手の親指以外の手指の遠位指節間関節を屈伸することができなくなったもの

 手指の全部の用を廃したものとは,親指ではIPより先,その他の指ではPIPより先の2分の1以上を失ったものをいいます。
 また親指ではIP・MCPその他の指ではPIP・MCPのいずれかに正常可動域の2分の1以下に制限されたものをいいます。
 両手であれば4級6号が,片手であれば7級7号が認定されます。

1 親指

部位 MCP関節主要運動 IP関節主要運動 他の主要運動
親指 屈曲 伸展 合計 屈曲 伸展 合計 橈外転 掌外転 合計
正常値 60° 10° 70° 80° 10° 90° 60° 90° 150°
用廃 30° 5° 35° 40° 5° 45° 30° 45° 75°

51image1.gif51image2.gif
51image3.gif 51image4.gif

2 その他の指

部位 MCP関節主要運動 IP関節主要運動
手指 屈曲 伸展 合計 屈曲 伸展 合計
正常値 90° 45° 135° 100° 0° 100°
用廃 45° 25° 65° 50° 0° 50°

51image5.gif 51image6.gif
51image7.gif 51image8.gif


 手指の機能障害に伴う後遺障害は,MCPとIP関節が対象で,どちらかの関節可動域が健側に比較して2分の1以下にならない限り,後遺障害等級非該当となる厳しいものです。
 DIP関節に至っては,全く屈伸できない状態でやっと14級9号です。

 もちろん,疼痛を残したときは神経症状として14級9号,12級13号が認定されていますが,大多数は14級9号で,弁護士が交渉しても逸失利益の喪失年数は10年がやっとのレベルです。

その他の後遺障害に関連した傷病

精神・神経の傷病名と後遺障害のポイント

頭部外傷・高次脳機能障害

上肢・手指

ImgTop10.jpg

本厚木駅前事務所 相模大野駅前事務所
uqeiprgueq@eh8.jpg sagamioono1023.jpg
八王子事務所
eyhrfoiaebgfoi.jpg

当事務所の基本情報

事務所概要.png 料金表.png
弁護士紹介.png アクセス.png
解決事例.png TOP.png