交通事故・後遺障害・示談交渉の相談。本厚木駅南口徒歩1分、相模大野駅徒歩3分、JR・京王八王子駅徒歩5分。弁護士法人前島綜合法律事務所。

厚木・相模原 弁護士による交通事故相談

前島綜合法律事務所
  • HOME
  • 当の事務所の特徴
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 解決までの流れ
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 相談の流れ
  • 弁護士費用
  • 事務所紹介

足根洞症候群

107-1.jpg
 足関節捻挫で,いつまでも関節の外側附近に痛みを訴えることがあります。
 でこぼこ道の歩行,足関節の内返しや底屈で痛みが増強するとの訴えがなされます。
 また,足の後ろの方に不安定感や下腿の外側に,だるさや痺れを訴えることもあります。

 臨床的には腓骨の末端と距骨を橋渡ししている前距腓靱帯の中央部下に位置する足根洞という部位に一致して,強い圧痛(押したときに出る痛み)が認められます。
 レントゲン検査では,明らかな異常は認められません。

 激しい足関節捻挫では,前距腓靱帯が断裂し,周辺の靱帯も損傷を受けて足根洞内に出血,これが瘢痕組織や線維組織に変わり,運動時の痛みの発生原因になります。

 治療は足根洞にステロイドと局所麻酔剤を混ぜた液を注射すると効果が現われます。
 ギプス固定や腓骨筋の筋力増強リハビリが有効なこともあります。
 改善が得られないときは,足根洞の瘢痕組織の郭清術を行います。

 非常に稀な外傷ですが,足関節の外側の疼痛や不安定感が長く続くときは,整形外科・スポーツ外来の専門医を受診しなければなりません。
 距骨,踵骨を伴わない足根洞症候群であれば,後遺障害を残すことはありません。

本厚木駅前事務所 〒243-0014 神奈川県厚木市旭町一丁目27番1号 後藤ビル2階
相模大野駅前事務所 〒252-0303 相模原市南区相模大野4丁目5番5号 相模大野ロビーファイブ2階D棟204
八王子事務所 〒192-0081 東京都八王子市横山町25-16 フロイデンビル3階A号室
初めての方でも安心してご相談いただける地元厚木・相模原・八王子の法律事務所です。
Copyright (C) 弁護士法人前島綜合法律事務所 All Rights Reserved.