交通事故・後遺障害・示談交渉の相談。本厚木駅南口徒歩1分、相模大野駅徒歩3分、JR・京王八王子駅徒歩5分。弁護士法人前島綜合法律事務所。

厚木・相模原 弁護士による交通事故相談

前島綜合法律事務所
  • HOME
  • 当の事務所の特徴
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 解決までの流れ
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 相談の流れ
  • 弁護士費用
  • 事務所紹介

足関節離断性骨軟骨炎

117image1.gif

外側の前距腓靱帯が断裂し,距骨と脛骨が衝突しています


 足関節離断性骨軟骨炎は,足首の捻挫に伴う二次的な損傷ですから,受傷直後は,足首に痛みを感じることはなく,違和感を自覚する程度です。
 そしてこの症例は,骨端線が閉鎖する以前の小・中学生に多く見られるのが特徴です。

 「距骨軟骨損傷」でも説明していますが,足首の内返し捻挫で,距骨と脛骨が衝突すると,その衝撃で,前距腓靱帯は部分断裂を起こします。
 適切な治療が行われず,靱帯損傷が放置されても,安静にしていれば,腫れや痛みは引いてくるのですが,足関節には不安定性が残り,歩行や運動で,捻挫を繰り返すことになります。
 内返し捻挫の回数を重ねるうちに,脛骨の衝突を受けた距骨軟骨が傷つき,さらに症状が進行すると,距骨軟骨下の骨が壊死を起こし,軟骨が剥がれてしまいます。
 剥がれた軟骨は,関節遊離体となって関節の中を動き回り,激痛,関節水腫を発症,また,関節の間に挟まって,ロッキングを起こすこともあります。

※関節遊離体は,米粒状の大きさですが,joint mouse(関節ねずみ)と呼ばれています。

 診断は,MRI,CT,骨シンチグラフィーなどで詳しい情報が得られます。
 治療は,年齢と進行の程度によって異なり,10歳前後の骨の成長期で,骨軟骨片が動いてないレベルでは,手術は行わず松葉杖を使って負荷をかけない,免荷療法を3ヶ月以上の長期間,行います。

 手術では,内視鏡で剥がれそうになっている軟骨片を吸収性のピンで固定する骨接合術や,侵襲の少ない関節鏡を使用してドリリング術も行われています。

※ドリリング=穴を開け,血流による自然修復を期待する治療法

 軟骨損傷が進行すれば,骨釘移植などの手術で骨軟骨片を固定します。
 軟骨が離断して長期間が経過しているときは,骨軟骨片の固定は困難です。
 内視鏡による軟骨片摘出術が行われ,骨軟骨移植,骨釘移植などにより,剥がれた部分に軟骨が移植されています。
 軟骨移植では,定着するまでのほぼ6ヶ月間,スポーツは復帰を待たなくてはなりません。
 近年,専門医では骨軟骨移植が行われるようになり,手術成績も向上しています。

足関節離断性骨軟骨炎における後遺障害

1)いずれにしても,二次的損傷ですから,受傷から6ヶ月以上経過してからの相談が多いです。
 保存療法で改善が期待できるときは,現時点で症状固定を決断,軽度の変形性足関節症で12級7号を目指すことになります。
 手術が予定されているときは,改善が得られ,等級が薄まることも予測されるのですが,手術後の症状固定を選択しています。

2)後遺障害の対象は,足関節の可動域制限,疼痛と足関節の不安定症です。
 いずれも,MRI,CT,骨シンチグラフィー検査で,関節変形や軟骨損傷のレベルを立証しています。
 足関節の不安定症は,ストレスXP撮影で立証しています。
 疼痛の神経症状では12級13号を,関節の可動域制限,不安定症では12級7号を目指します。

本厚木駅前事務所 〒243-0014 神奈川県厚木市旭町一丁目27番1号 後藤ビル2階
相模大野駅前事務所 〒252-0303 相模原市南区相模大野4丁目5番5号 相模大野ロビーファイブ2階D棟204
八王子事務所 〒192-0081 東京都八王子市横山町25-16 フロイデンビル3階A号室
初めての方でも安心してご相談いただける地元厚木・相模原・八王子の法律事務所です。
Copyright (C) 弁護士法人前島綜合法律事務所 All Rights Reserved.