交通事故・後遺障害・示談交渉の相談。本厚木駅南口徒歩1分、相模大野駅徒歩3分、JR・京王八王子駅徒歩5分。弁護士法人前島綜合法律事務所。

厚木・相模原 弁護士による交通事故相談

前島綜合法律事務所
  • HOME
  • 当の事務所の特徴
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 解決までの流れ
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 相談の流れ
  • 弁護士費用
  • 事務所紹介

膝離断性骨軟骨炎

138-1.jpg

骨の間に欠片が挟まると,痛み,運動制限を生じます。

 膝関節の中に大腿骨の軟骨が剥がれ落ちてしまう障害のことです。
 血流障害により軟骨下の骨が壊死すると,骨軟骨片が分離し,進行すると関節内に遊離します。
 初期では運動後の不快感や鈍痛の他は特異的な症状は出ません。
 関節軟骨の表面に亀裂や変性が生じると疼痛も強くなり,日常の歩行でも支障を来します。
 さらに骨軟骨片が関節の中に遊離すると,膝の曲げ伸ばしで,引っかかりやズレを感じ,関節に挟まると激痛を発症,膝が固まり動かなくなってしまいます。

 一般的にはスポーツで,走行・跳躍・肘の回転などを繰り返し行うことで,関節に負担が蓄積して発症すると考えられています。

 関節遊離体は,1~2cmの大きさです。関節液の栄養を吸収して大きくなることがありますが,自然に消失,あるいは縮小することはありません。

 ロッキング症状や激痛がある際は,関節鏡視下で生体吸収性ピンを用いて遊離,剥離した骨軟骨片を,欠損部に元通りに修復する手術が実施されています。
 遊離した骨軟骨片の損傷や変性が著しいときは,自家培養軟骨の移植術が行われています。

 自家培養軟骨とは?  軟骨は膝などの関節の表面を薄く覆っていて,関節の動きを滑らかにする役目を果たしています。
 関節部の軟骨は硬くて弾力性に富み,滑らかな硝子軟骨で組成されています。
 その滑らかさはスケートリンクで氷上を滑る際の10倍とも言われています。

 軟骨の耐久性はきわめて高く,関節を動かしても軟骨組織が磨り減ることはほとんどありません。
 しかし交通事故や変形性関節症で軟骨が失われると,歩行も困難なほどの痛みを発症します。

 軟骨組織は損傷を受けると自然には治りません。
 どうして軟骨は治らないのでしょうか?
 実は軟骨組織には,血管が走行していないのです。

 足の擦過傷や骨折では出血します。
 血液の中には傷を治すために必要な細胞や,細胞を増やすための栄養が含まれています。
 これらの成分が傷を治す働きをしています。
 しかし,軟骨組織にはもともと血管がありません。
 軟骨組織が損傷されても,治すための細胞や細胞を増やすための栄養が供給されないので,軟骨が自然治癒することはないのです。
 自然に治ることは難しい軟骨ですが,軟骨細胞には増殖する能力があります。
 被害者の軟骨組織の一部を取り出し,軟骨細胞が増殖できるような環境を整えて作られたものが自家培養軟骨です。軟骨欠損に自家培養軟骨を移植することで修復が期待されます。

138-3.jpg 138-4.jpg
赤○から軟骨組織の一部を採取し,約4週間培養します。
培養軟骨を移植し,脛骨から採取した骨膜で蓋をします。
 

 整形外科の専門医によって,侵襲の少ない関節鏡手術で膝の軟骨が少量採取されます。
 この軟骨を,ゲル状のアテロコラーゲンと混合して立体的な形に成型した後,培養します。
 約4週間の培養期間中に軟骨細胞は増殖し,軟骨基質を産生して本来の軟骨の性質に近づき,これを移植するのです。
 自家培養軟骨の価格は200万円以上で,高額療養費制度を利用することで患者負担は10万円ほどになる見込みです。

膝離断性骨軟骨炎における後遺障害のポイント

 無料相談会で,この傷病名が記載された被害者がいらっしゃいました。初診の救急病院の診断書には,左鎖骨骨折・右膝捻挫と記載されています。
 右膝離断性骨軟骨炎は,最後に診察を受けた医大系膝関節外来の専門医が診断したものです。
 初診の整形外科医はXPで右膝をチェックし,骨折がなかったので右膝捻挫と診断したのです。
 「静かにしていれば,その内治るのでは?」 と診断されたのです。

 「なにか,スポーツをやっておられますか?」
 被害者は,趣味でジョギングをしていたのですが,事故から1ヶ月後にウォーキングを開始した頃より,右膝に痛みを感じるようになり,3ヶ月を経過してジョギングに復帰すると,突然の激痛で膝が曲がらなくなったとのことです。
 ネット検索で医大系病院の膝関節外来を受診,右膝関節離断性骨軟骨炎と診断され,関節鏡視下で修復術を受けたとのことです。

 受傷6ヶ月で症状固定,膝関節に機能障害はなく,圧痛と動作痛が認められました。
 左鎖骨骨折で,12級5号,右膝関節は神経症状で14級9号が認定されました。

 もし放置していれば,徐々に変形性膝関節症の方向に進行していきます。
 遊離した骨軟骨片の損傷や変性が著しくなると,自家培養軟骨の移植術が選択肢として提案されるのですが,受傷から6ヶ月以上を経過していると,保険会社は治療費等の負担を拒否します。

 本来,交通事故で膝離断性骨軟骨炎は想定されていません。
 膝関節捻挫と診断してもその後の経過で,膝離断性骨軟骨炎を発見すれば,関節鏡視下で修復術が行われ,通常は後遺障害を残しません。

 問題となるのは,膝関節捻挫と診断され,放置されたときです。
 後遺障害の対象は,膝関節の可動域制限と膝関節部の痛みです。
 器質的損傷は,MRI,CTで立証します。
 予想される等級は膝関節の機能障害で12級7号,神経症状で14級9号,あるいは12級13号です。
本厚木駅前事務所 〒243-0014 神奈川県厚木市旭町一丁目27番1号 後藤ビル2階
相模大野駅前事務所 〒252-0303 相模原市南区相模大野4丁目5番5号 相模大野ロビーファイブ2階D棟204
八王子事務所 〒192-0081 東京都八王子市横山町25-16 フロイデンビル3階A号室
初めての方でも安心してご相談いただける地元厚木・相模原・八王子の法律事務所です。
Copyright (C) 弁護士法人前島綜合法律事務所 All Rights Reserved.