交通事故・後遺障害・示談交渉の相談。本厚木駅南口徒歩1分、相模大野駅徒歩3分、JR・京王八王子駅徒歩5分。弁護士法人前島綜合法律事務所。

厚木・相模原 弁護士による交通事故相談

前島綜合法律事務所
  • HOME
  • 当の事務所の特徴
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 解決までの流れ
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 相談の流れ
  • 弁護士費用
  • 事務所紹介

膝蓋前滑液包炎

139-1.jpg

上の赤○は膝蓋前皮下滑液包,下の赤○が脛骨粗面皮下滑液包
 

 膝蓋前滑液包は皮膚と膝蓋骨=膝のお皿の間に位置しており,膝に対する摩擦を和らげ膝関節の可動域を最大にする役目を果たしています。

 交通事故では多くが自転車で転倒し,膝を強く打ったときに発症しています。
 頻繁な膝の曲げ伸ばしで発症することもあり,Housemaid's Knee 女中膝とも呼ばれています。

 膝蓋骨の上辺り,部分的に直径2~3cmの腫れが出現し,触れるとブヨブヨとした感触があります。
 次第に痛みが出現し,腫れもやや大きくなり,膝をスムースに動かせなくなります。
 このとき,膝蓋前滑液包は炎症を起こしており,ドロドロの滑液包に水がたまっている状態です。
 初期であれば膝をつかない・正座をしないようにすると,腫れは引いて痛みもなくなります。

 慢性期であっても,手術はほとんどありません。
 膝蓋前滑液包にたまった水を抜き,非ステロイド性抗炎症薬の注射や,膝つきと正座の禁止,リハビリによる膝関節可動域訓練で改善が得られ,後遺障害を残すこともありません。

膝蓋前滑液包炎における後遺障害のポイント

 この傷病名だけであれば,基本的には,後遺障害を残すことはありません。

 後遺障害を残すようなケース
 50代女性の例です。
 横断歩道を自転車で走行中に,左折の自動車に衝突され,転倒した際に左膝を強打,6ヶ月が経ったが,腫れも痛みを引かず,自転車に乗れなくて困っている。
 治療先の診断書には,頚部捻挫,腰部挫傷,左膝打撲の傷病名が記載されています。

 「「レントゲンでは,膝関節に骨折などの異常はないから,ちょっと強い打撲でしょう」と言われ,膝上の腫れを訴えても,診ることも触ることもなく,年のせいと言われなんの処置もされませんでした。仕方がないので近所の整骨院に通っていますが,腫れも痛みも改善しません。保険会社からは,今月一杯で治療を打ち切ると宣告されました。これから,どうすればいいのでしょうか」

 膝をみたところ,膝蓋骨上部は腫れており,軽く触れたのですが,熱感もあります。
 腫れが膝全体におよんでいる印象ではなく,膝蓋骨上部に限定されています。
 左膝蓋前滑液包炎が予想されることから,弊所が懇意にしている交通事故後遺障害の専門家に病院同行と後遺障害の立証を依頼しました。
 MRI撮影の結果,左膝蓋前滑液包炎の診断が確定,滑液包にたまった水を抜き,非ステロイド性抗炎症薬の注射,膝つきと正座の禁止,2ヶ月のリハビリによる膝関節可動域訓練が指示されました。
 1ヶ月のリハビリで腫れは小さくなり,痛みも改善され,2ヶ月で左膝蓋前滑液包炎は治癒しました。

 受傷から8ヶ月で症状固定,頚椎捻挫で14級9号が認定されました。
 残る傷病名,頚部捻挫と腰部挫傷は,画像診断クリニックでMRIの撮影を受け,医師には頚部のMRI所見の丁寧な記載を依頼して14級9号を実現しました。

本厚木駅前事務所 〒243-0014 神奈川県厚木市旭町一丁目27番1号 後藤ビル2階
相模大野駅前事務所 〒252-0303 相模原市南区相模大野4丁目5番5号 相模大野ロビーファイブ2階D棟204
八王子事務所 〒192-0081 東京都八王子市横山町25-16 フロイデンビル3階A号室
初めての方でも安心してご相談いただける地元厚木・相模原・八王子の法律事務所です。
Copyright (C) 弁護士法人前島綜合法律事務所 All Rights Reserved.