交通事故・後遺障害・示談交渉の相談。横浜弁護士会 弁護士 前島 憲司。小田急・本厚木駅南口徒歩0分、相模大野駅徒歩3分、JR・京王八王子駅徒歩5分。

厚木・相模原 弁護士による交通事故相談

前島綜合法律事務所
  • HOME
  • 当の事務所の特徴
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 解決までの流れ
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 相談の流れ
  • 弁護士費用
  • 事務所紹介

第5中足骨基底部骨折=下駄骨折

77image1.gif


Aの部分が下駄骨折,Bがジョーンズ骨折です。


 下駄が庶民の履物であった時代に,多発した骨折であることから下駄骨折と呼ばれます。
 もちろん現在でも,足が捻転したときにこの骨折が発生しており,第5中足骨基部骨折とは,小趾側の甲にある中足骨の根元が骨折したものです。
 下駄骨折は,足部を内返しする捻挫で発症する外傷性骨折で,比較的高頻度で発生しています。
 この後に説明するジョーンズ骨折の部位より足首に近いところを骨折します。

 交通事故ではね飛ばされ,段差を踏み外す,また傾斜のある路面に転落し足を捻挫したときに,足関節の内反強制が加わると,第5中足骨基底部に付着する短腓骨筋腱(たんひこつきんけん)が引き伸ばされ,その腱の牽引力と第5中足骨に加わる捻転力により,捻じ切れるような感じで骨折を生じます。
 足関節の内反強制で骨折するため,足関節捻挫に注目され,この骨折が見逃されることがあります。

 治療は徒手整復できるもので,4~6週の固定を施行します。
 徒手では整復困難な転位が認められるときは,手術による整復・固定処置が行われます。