交通事故・後遺障害・示談交渉の相談。横浜弁護士会 弁護士 前島 憲司。小田急・本厚木駅南口徒歩0分、相模大野駅徒歩3分、JR・京王八王子駅徒歩5分。

厚木・相模原 弁護士による交通事故相談

前島綜合法律事務所
  • HOME
  • 当の事務所の特徴
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 解決までの流れ
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 相談の流れ
  • 弁護士費用
  • 事務所紹介

第1楔状骨骨折

80-81-84image1.gif
 交通事故では自転車で走行中,軽四輪車の追突を受け前方に飛ばされ,着地の際右足関節を強く捻転し,足関節内果骨折に第1楔状骨々折を合併したケースがあります。

 受傷時に,前足部を強制的に底屈(ていくつ=足首を伸ばす)された状態で第1楔状骨の直上に直達外力が加わると,同部に応力が集中し,単独骨折も予想されるところです。
 第1楔状骨の骨折は,歩行中に荷重が伝達される第1中足骨,第1楔状骨,舟状骨からなる内側部の縦行列が破綻したことを意味しており,縦行列の一部に脱臼または脱臼骨折が認められるときは,オペによる固定が選択されています。

 上記のケースでは,足関節内果部の横骨折についてはスクリュー固定(ボルトを入れて固定すること。),第1楔状骨の骨折については,K-wireにて経皮的ピンニング(骨折部分に針金を刺して固定すること)で固定されました。
 約6ヶ月後,右足関節の機能障害で12級7号が認定されました。