交通事故・後遺障害・示談交渉の相談。本厚木駅南口徒歩1分、相模大野駅徒歩3分、JR・京王八王子駅徒歩5分。弁護士法人前島綜合法律事務所。

厚木・相模原 弁護士による交通事故相談

前島綜合法律事務所
  • HOME
  • 当の事務所の特徴
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 解決までの流れ
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 相談の流れ
  • 弁護士費用
  • 事務所紹介

有痛性外脛骨

 外脛骨とは,足の内側にある過剰骨(余分な骨)もしくは,種子骨(筋肉や腱の動きを助ける骨)の1つです。
 健常人の15~20%位に認められていますが, 骨の出っ張りが見られるだけで,痛みの症状がなければ,なんの問題もありません。

86image1.gif
 上のイラストは足の内側部を描いたもので,内側の骨の端に外脛骨があります。
 舟状骨粗面という足の内側に出っ張った部分があるのですが,その部分に後脛骨筋という筋肉がついています。この筋肉は足の土踏まずを維持する上で重要な役割を果たしており,この筋肉が緊張することで,足のアーチが保たれているのです。
 有痛性外脛骨による疼痛は,捻挫や繰り返される後脛骨筋の引っ張り作用で,外脛骨部分が舟状骨の部分から剥がれ,その部分で炎症を起こしたことにより発症しています。

 局所の安静下で,鎮痛剤,温熱療法などの保存療法で疼痛の改善を目指します。
 症状が長期化するとき,繰り返し疼痛が出現するようなときは,ギプス固定や足底板=アーチサポートを装着させるリハビリ治療が行われます。
 大多数は保存療法で改善が得られていますが,四ヶ月以上の保存療法を行っても,症状の改善が得られない,また,なんども再発を繰り返し日常生活に支障があるときは,手術が選択されています。

 手術では,外脛骨を摘出,舟状骨突出部も一部骨切りを行い,最後に支持組織である後脛骨筋腱と底側踵舟靱帯の再縫着を実施します。
 これにより,運動痛は消失し,後遺障害を残すことはありません。

 以前,相談会にて「右足関節内・外果骨折・有痛性外脛骨と診断されたが,後遺障害は認定されるのか?」という質問が寄せられました。

 質問者には,そもそも外脛骨の出っ張りが認められません。なので専門医を受診してもらい,原因究明をすることにしました。
 そして,受診先の専門医が診断した傷病名は,舟状骨裂離骨折でした。

本厚木駅前事務所 〒243-0014 神奈川県厚木市旭町一丁目27番1号 後藤ビル2階
相模大野駅前事務所 〒252-0303 相模原市南区相模大野4丁目5番5号 相模大野ロビーファイブ2階D棟204
八王子事務所 〒192-0081 東京都八王子市横山町25-16 フロイデンビル3階A号室
初めての方でも安心してご相談いただける地元厚木・相模原・八王子の法律事務所です。
Copyright (C) 弁護士法人前島綜合法律事務所 All Rights Reserved.