交通事故・後遺障害・示談交渉の相談。横浜弁護士会 弁護士 前島 憲司。小田急・本厚木駅南口徒歩0分、相模大野駅徒歩3分、JR・京王八王子駅徒歩5分。

厚木・相模原 弁護士による交通事故相談

前島綜合法律事務所
  • HOME
  • 当の事務所の特徴
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 解決までの流れ
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 相談の流れ
  • 弁護士費用
  • 事務所紹介

中心性頚髄損傷

1 中心性頸髄損傷の原因・症状

 数年前,阪神タイガースの赤星選手が中心性頚髄損傷で選手生活から引退しました。
センター方向の飛球をスライディングキャッチしたことが発症の原因と言われています。

 脊髄損傷は,大きな外力が脊椎に加わることで,骨折や脱臼となり発症しています。
 ところが,中心性頚髄損傷は骨折などが認められないのに,運動麻痺,疼痛,ビリビリするような両上肢や手指の痺れの訴えがなされるのです。
頚部が急激に後ろに反り返る,過伸展が,中心性頚髄損傷の原因と考えられています。

 また,中心性脊髄損傷は,変形性脊椎症,脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)が認められる中年以降の被害者に,比較的軽微な受傷機転,例えばちょっとした追突などで発症することも報告されています。

55image1.gif
 上肢を支配する神経線維は頚髄の中心寄り,下肢では,外側寄りに位置することから,中心部が損傷を受けると,上肢の症状が重く出現します。
頚髄の辺縁部は周辺を取り囲む多くの血管によって栄養を受けていますが,中心部は中心動脈から枝分かれした毛細血管から栄養を受けています。
このことからも,頚髄中心部は,損傷を受けやすく,回復しにくいという特徴があります。

 上肢の症状が強く,運動麻痺,疼痛,ビリビリするような両手や手指の痺れ,パジャマのボタンを留めることができない等,手指の巧緻運動障害を引き起こします。
痺れでは,タンスの角に肘をぶつけたときに感じるジンジンする痺れが,両上肢に継続するのです。

 神経学的検査では,深部腱反射が亢進,ホフマン,トレムナー反射,ワルテンベルグ徴候では病的反射が出現し,両上肢は筋萎縮でやせ細ります。
そして,箸を使用して食事ができない等,手指の巧緻運動障害が認められます。

55image2.gif

ホフマン反射        トレムナー反射

55image3.gif ワルテンベルグ徴候

 MRIのT2強調画像では,脊髄の中心部が白く光る高輝度所見が認められます。
 損保料率機構調査事務所は,上記の高輝度所見を認定の要件としています。この画像所見が確認できるのは,受傷後の急性期である2~3ヶ月に限定されると言われています。
 慢性期にはT1強調画像で軟化型損傷を発見,立証する必要があるのですが,画像所見が得られにくいことが多く簡単なことではありません。

55image4.jpeg
 医療コーディネーターが担当した中心性頚髄損傷のMRI T2強調画像です。
 C6右横の脊髄に白い高輝度所見が確認できます。
 この被害者は,脊髄症状で7級4号が認定されました。

※T1強調画像とは,体内の脂肪分を強調して撮影する方法で,椎間板の突出や出血の状態を確認するのに有意な撮影方法です。全体的に黒っぽく,コントラストがハッキリして見えます。
※T2強調画像は,体内の水分を強調して撮影する方法で,髄液や膀胱内の状態を確認するのに有意な撮影法であり,全体的に白っぽくぼやけているような印象を受けます。

2 中心性頸髄損傷の治療方法

 治療としては,受傷直後48~72時間以内に,入院下でステロイドを大量投与すれば,治療効果が得られるとして,1997年から厚生労働省の認可のもとに臨床使用が開始されています。
 しかし,確実性に疑問があり,副作用の検証がなされておらず,若年で再生力の強い患者以外では,効果が薄いとの報告もなされています。
 やはり,脊髄損傷ですから,劇的な改善は1例も経験していません。

 膀胱障害が認められることもあり,このケースでは,泌尿器科でウロダイナミクス検査をお願いして立証しています。
 症状固定は,非可逆性脊髄損傷ですから,受傷後6ヶ月で決断しています。

3 中心性頚髄損傷における後遺障害等級認定のポイント

1 判断が難しい中心性脊髄損傷

中心性頚髄損傷は判断が難しく,MRIの高輝度所見を確認するまでは,確かな診断ができない場合が多いです。

2 立証方法

 中心性頚髄損傷の傷病名があれば,早期のMRI撮影で高輝度所見を立証しなければなりません。
 立証された中心性頚髄損傷は,脊髄損傷ですから,決してムチウチのカテゴリーではありません。
 後遺障害の立証では,後遺障害診断書以外に「脊髄症状判定用」 の用紙を提出し,肩・肘機能,手指機能,下肢機能,上肢・下肢・体幹の知覚機能,膀胱機能,日常生活状況について検査と結果の記載をお願いしなければなりません。

3 予想される等級

 後遺障害等級は,神経系統の機能の障害で審査され,障害の程度により,9級10号,7級4号,5級2号が選択されています。
 膀胱機能障害は,併合の対象となります。

その他の後遺障害に関連した傷病

精神・神経の傷病名と後遺障害のポイント

頭部外傷・高次脳機能障害

上肢・手指

ImgTop10.jpg

本厚木駅前事務所 相模大野駅前事務所
uqeiprgueq@eh8.jpg sagamioono1023.jpg
八王子事務所
eyhrfoiaebgfoi.jpg

当事務所の基本情報

事務所概要.png 料金表.png
弁護士紹介.png アクセス.png
解決事例.png TOP.png