交通事故・後遺障害・示談交渉の相談。横浜弁護士会 弁護士 前島 憲司。小田急・本厚木駅南口徒歩0分、相模大野駅徒歩3分、JR・京王八王子駅徒歩5分。

厚木・相模原 弁護士による交通事故相談

前島綜合法律事務所
  • HOME
  • 当の事務所の特徴
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 解決までの流れ
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 相談の流れ
  • 弁護士費用
  • 事務所紹介

肋骨多発骨折の重症例 外傷性血胸

71image1.gif
 胸腔内の内圧は外気圧より低くなっており,外傷により外から空気が入り込むあるいは血液が貯留すると肺は虚脱,縮小し,強い呼吸障害を起こします。
 空気が入り込むのが気胸,血液が貯留すると血胸,2つが合併していれば血気胸と呼ばれます。

 交通事故では,骨折した肋骨が胸膜を突き破り,血気胸を発症することが一般的です。
 胸部痛,呼吸困難,チアノーゼ,顔面蒼白,頻脈,四肢冷汗等の症状が現れますが,胸腔穿刺で空気を排除,腹腔ドレナージで血液を排出,胸壁創を縫合閉鎖すれば治療は完了します。

 血気胸の治療後に肺が萎縮し,呼吸障害を残したときは後遺障害の対象となりえますが,弊所では今のところ経験はありません。