骨盤骨折の重症例

骨盤骨折の重症例

① ストラドル骨折(straddle骨折),マルゲーニュ骨折(Malgaigne骨折)
骨盤は骨盤輪と呼ばれる内側でぐるりと輪を作っています。
この骨盤輪が一筆書きに連続しているので,骨盤は安定しているのです。
両側の恥骨と坐骨の骨折で,骨盤輪の連続性が損なわれているようなstraddle骨折,骨盤複垂直骨折であるMalgaigne骨折では,骨盤の安定性が失われ骨盤がぐらつきます。

骨盤複垂直骨折は,この骨盤輪を形成している骨盤が2箇所骨折したもので,骨折により骨盤の安定性が損なわれます。
転位の認められるものは,創外固定器により,整復固定術が実施されています。

若い女性で骨盤に多発骨折をきたしたときは,婦人科的に精査しておく必要があります。
骨盤の変形により正常分娩が不可能で,帝王切開が余儀なくされることが十分に予想されます。
これは11級10号に該当する可能性があるのです。
当然,出産が可能な年数について逸失利益が認められます。

②恥骨結合離開と仙腸関節の脱臼

骨盤は左右2つの寛骨が後ろ側で仙腸関節,仙骨を介して前側で恥骨結合を介して接続しています。左右の寛骨は腸骨・坐骨・恥骨と軟骨を介して連結し,寛骨臼を形成しているのです。
この輪の中の骨盤腔は内臓を保護し,力学的に十分荷重に耐え得る強固な組織となっているのですが,大きな直達外力が作用するとひとたまりもなく複合骨折をするのです。

上図のような不安定損傷になると,観血的に仙腸関節を整復固定すると共に,恥骨結合離開についてはAOプレートによる内固定の必要が生じます。
上のイラストは,右大腿骨頭の脱臼も伴っています。

大腿骨頭の納まる部分である,寛骨臼の損傷が激しいときは,骨頭の置換術に止まらず,人工関節の置換術に発展する可能性が予想されます。
本件の場合,股関節は10級11号が,骨盤は12級5号が認められ,併合で9級が認定されます。

 

関連記事はこちら

交通事故・無料相談 弁護士法人前島綜合法律事務所

事務所概要
  • 本厚木駅前事務所

    本厚木駅 徒歩0
    〒243-0014
    神奈川県厚木市旭町一丁目27番1号
    後藤ビル2階
    TEL:046-229-0905
    FAX:046-229-0906
  • 相模大野駅前事務所

    相模大野駅 徒歩3
    〒252-0303
    相模原市南区相模大野4丁目5番5号
    相模大野ロビーファイブ2階D棟204
    TEL:042-749-1138
    FAX:042-749-1139
  • 新宿事務所

    西新宿駅 徒歩1分、
    新宿駅西口徒歩 徒歩8
    〒160-0023
    新宿区西新宿8-11-10
    星野ビル3階315号室
    TEL:03-6403-0755
  • 八王子事務所

    JR京王八王子駅 徒歩5
    〒192-0081
    東京都八王子市横山町25-16
    フロイデンビル3階A号室
    TEL:042-649-9030
    FAX:042-649-9031