モンテジア骨折

尺骨々幹部骨折と橈骨頭脱臼が同時に発生したものをモンテジア骨折と呼びます。
事故直後は、尺骨骨折の痛みが強く、肘関節での橈骨頭脱臼が見逃されることが多いです。

橈骨頭の前方脱臼では、前方を走行する後骨間神経を絞扼・圧迫することにより、
指を伸ばせなくなり、下垂指という変形をきたすことがあります。

受傷から6カ月以上の陳旧例では、尺骨の骨癒合は完成するも、
橈骨頭の脱臼だけが残存しており、肘関節には可動域制限が認められる状況です。

これを治癒させるには、尺骨の過矯正骨切りオペを実施して、橈骨頭の整復を行います。
橈骨頭の変形が著しいときは、橈骨頭切除術が実施されています。

関連記事はこちら

交通事故・無料相談 弁護士法人前島綜合法律事務所

事務所概要
  • 本厚木駅前事務所

    本厚木駅 徒歩0
    〒243-0014
    神奈川県厚木市旭町一丁目27番1号
    後藤ビル2階
    TEL:046-229-0905
    FAX:046-229-0906
  • 相模大野駅前事務所

    相模大野駅 徒歩3
    〒252-0303
    相模原市南区相模大野4丁目5番5号
    相模大野ロビーファイブ2階D棟204
    TEL:042-749-1138
    FAX:042-749-1139
  • 新宿事務所

    西新宿駅 徒歩1分、
    新宿駅西口徒歩 徒歩8
    〒160-0023
    新宿区西新宿8-11-10
    星野ビル3階315号室
    TEL:03-6403-0755
  • 八王子事務所

    JR京王八王子駅 徒歩5
    〒192-0081
    東京都八王子市横山町25-16
    フロイデンビル3階A号室
    TEL:042-649-9030
    FAX:042-649-9031