ガレアッチ骨折

橈骨々幹部骨折に伴い、尺骨頭の背側に脱臼を生じたものをいいます。
先に説明しているモンテジア骨折の逆です。

レントゲンで頭骨の骨折を確認しても、肘関節のレントゲンを行わないと、
尺骨頭の脱臼を見逃します。
血管や神経などの軟部組織が損傷しているときもあるので、
MRI、神経学的検査、関節鏡検査、筋委縮検査も必要となります。

成人では、保存療法ではなく、手術が選択されます。
整復が不十分では、回内・外運動に機能障害を残します。

 

橈・尺骨々幹部骨折、モンテジア骨折、ガレアッチ骨折における後遺障害のポイント

 1)橈・尺骨々幹部骨折では、AOプレートとスクリュー固定が一般的であり、
開放性の挫滅もしくは粉砕骨折でもない限り、偽関節や変形治癒の後遺障害を残しません。

2)モンテジア骨折、ガレアッチ骨折でも、初診で脱臼が確認されており、
骨折がAOプレートとスクリューで固定されたものでは、
ほとんどのケースで後遺障害を残すことなく治癒しています。

 

3)問題は、脱臼が見逃されてそのまま放置されたものです。

モンテジア骨折で非該当が発生した例があります。
もちろん、傷病名は右尺骨々幹部骨折で、モンテジア骨折とは記載されていません。

認定通知書には、「右尺骨々折は、良好に骨癒合が得られており、変形もなく、
右肘関節に高度な可動域制限を残すことは考えられない。」と記載されています。

しかし、事故直後の右肘橈骨頭部は明らかに脱臼しており、症状固定段階のレントゲンでも
亜脱臼が確認できています。事前認定では、それらの画像も提出しているのに、
亜脱臼は完璧に無視されています。

3DCTの撮影で亜脱臼を示し、自賠・共済紛争処理機構に対して紛争処理の申立を行い、
右肘の機能障害で12級6号を獲得したケースがありました。

関連記事はこちら

交通事故・無料相談 弁護士法人前島綜合法律事務所

事務所概要
  • 本厚木駅前事務所

    本厚木駅 徒歩0
    〒243-0014
    神奈川県厚木市旭町一丁目27番1号
    後藤ビル2階
    TEL:046-229-0905
    FAX:046-229-0906
  • 相模大野駅前事務所

    相模大野駅 徒歩3
    〒252-0303
    相模原市南区相模大野4丁目5番5号
    相模大野ロビーファイブ2階D棟204
    TEL:042-749-1138
    FAX:042-749-1139
  • 新宿事務所

    西新宿駅 徒歩1分、
    新宿駅西口徒歩 徒歩8
    〒160-0023
    新宿区西新宿8-11-10
    星野ビル3階315号室
    TEL:03-6403-0755
  • 八王子事務所

    JR京王八王子駅 徒歩5
    〒192-0081
    東京都八王子市横山町25-16
    フロイデンビル3階A号室
    TEL:042-649-9030
    FAX:042-649-9031