ショーファー骨折=橈骨茎状突起骨折(とうこつけいじょうとっきこっせつ)

ショーファー骨折とは、橈骨茎状突起部の手関節内骨折であり、運転手骨折とも呼ばれています。
交通事故では、運転手がハンドルを握った状態で骨折することが多く、この別名がついています。
自転車で横断中、自動車との衝突で、手のひらをついて転倒したときにも、この骨折が起こります。

受傷機転が、手関節の背屈・橈屈強制で起こり、茎状突起が舟状骨と衝突します。
よって、舟状骨骨折も視野に入れて治療が行われています。

橈骨茎状突起部は、手関節を構成している骨であり、元通りの位置に整復されなければなりません。
それを理由として、現在では、ほとんどで手術が選択されています。

しかし、交通事故による粉砕骨折では、手術であっても安定性が得られず、予後不良です。
つまり、変形性手関節症に発展する可能性が予想されるのです。

 

ショーファー骨折における後遺障害のポイント

1)骨折後の骨癒合が得られていても、手関節として整合性が保たれているかという
点を検証しなければなりません。

骨折部の骨癒合状況は、3DCTで立証します。
手関節のアライメントは、左右の手関節の背側・掌側のレントゲン写真を比較しつつ検証します。

 

2)後遺障害としては、手関節の機能障害で、多くは、12級6号が認定されています。

3)ショーファー、Chauffeurとは、お抱え運転手を意味しています。
昔、クランクバーを回転させて車のエンジンをかけていた時代に、
エンジンの始動用のハンドルの蹴り返しで、この骨折が頻繁に発生したそうで、
ショーファー骨折は、そこから名付けられています。

関連記事はこちら

交通事故・無料相談 弁護士法人前島綜合法律事務所

事務所概要
  • 本厚木駅前事務所

    本厚木駅 徒歩0
    〒243-0014
    神奈川県厚木市旭町一丁目27番1号
    後藤ビル2階
    TEL:046-229-0905
    FAX:046-229-0906
  • 相模大野駅前事務所

    相模大野駅 徒歩3
    〒252-0303
    相模原市南区相模大野4丁目5番5号
    相模大野ロビーファイブ2階D棟204
    TEL:042-749-1138
    FAX:042-749-1139
  • 新宿事務所

    西新宿駅 徒歩1分、
    新宿駅西口徒歩 徒歩8
    〒160-0023
    新宿区西新宿8-11-10
    星野ビル3階315号室
    TEL:03-6403-0755
  • 八王子事務所

    JR京王八王子駅 徒歩5
    〒192-0081
    東京都八王子市横山町25-16
    フロイデンビル3階A号室
    TEL:042-649-9030
    FAX:042-649-9031