肩関節の構造

肩関節の構造

 今回以後,鎖骨骨折(さこつこっせつ),肩の腱板断裂(けんばんだんれつ)等,傷病名ごとの後遺障害をテーマにお話しをします。
その前提条件としてまず,肩関節の構造について解説します。

 骨だけで肩関節を見ると,丸い上腕骨頭(じょうわんこつとう)が肩甲骨(けんこうこつ)の窪みにくっついているだけです。
肩甲骨は,鎖骨(さこつ)につり下げられるように連結し,他方で,肋骨(ろっこつ)にも乗っているという構造となっています。
肩関節は,上肢に自由度の高い運動範囲を与えていますが,極めて不安定です。
外傷の衝撃により,骨折や脱臼を起こしやすい構造となっています。

 これらの不安定性を補う必要から,関節唇(かんせつしん),関節包(かんせつほう)や腱板によって補強されています。
上方には,烏口肩峰靱帯(うこうけんぽうじんたい)があり,上方の受け皿となり,滑液包(かつえきほう)が潤滑の役割を担っています。
関節包は余裕を持たせる一方で,局部的に肥厚し安定性を高めています。
さらに,肩関節は,三角筋と大胸筋の大きな筋肉で覆われています。

 

 三角筋は,肩関節を屈曲・伸展,外転,水平内転・水平外転させる作用があり,大胸筋は,肩関節の水平内転,初期段階の屈曲,内転,内旋動作などに関与しています。

 次回より,ムチウチに次いで多発している鎖骨骨折について,遠位端骨折(えんいたんこっせつ),肩鎖関節脱臼(けんさかんせつだっきゅう),胸鎖関節脱臼の3つの外傷と後遺症についてお話しします。

 その後,肩腱板断裂,肩関節の脱臼,反復性肩関節脱臼,肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん),上腕骨近位端骨折(じょうわんこつきんいたんこっせつ),上腕骨骨幹部骨折のお話しに進み,最終的には肩関節周辺で発生している全ての傷病名と後遺障害についてお話ししていきたいと思います。

関連記事はこちら

交通事故・無料相談 弁護士法人前島綜合法律事務所

事務所概要
  • 本厚木駅前事務所

    本厚木駅 徒歩0
    〒243-0014
    神奈川県厚木市旭町一丁目27番1号
    後藤ビル2階
    TEL:046-229-0905
    FAX:046-229-0906
  • 相模大野駅前事務所

    相模大野駅 徒歩3
    〒252-0303
    相模原市南区相模大野4丁目5番5号
    相模大野ロビーファイブ2階D棟204
    TEL:042-749-1138
    FAX:042-749-1139
  • 新宿事務所

    西新宿駅 徒歩1分、
    新宿駅西口徒歩 徒歩8
    〒160-0023
    新宿区西新宿8-11-10
    星野ビル3階315号室
    TEL:03-6403-0755
  • 八王子事務所

    JR京王八王子駅 徒歩5
    〒192-0081
    東京都八王子市横山町25-16
    フロイデンビル3階A号室
    TEL:042-649-9030
    FAX:042-649-9031