手指の各関節の側副靭帯損傷について

手指の各関節の側副靭帯損傷について

右手背側                         右手掌側

側副靭帯損傷とは

 手指関節の両側には,関節の側方への動揺性を制御し,横方向に曲がらないようにしている側副靭帯という組織があります。
側副靭帯は転倒などで,側方への強い外力が加わったときに損傷します。
受傷直後に適切な治療を行わないと,側方(左右)へ指が曲がる,力が入らない等不安定性を残します。
母指MP関節(付け根の関節)の尺側の側副靭帯の損傷が好発部位です。
母指第2関節の尺側の側副靭帯が完全断裂したときは,ギブス固定を行っても治癒することはありません。最初から手術の選択となり,専門医の領域です。
不安定性が少ないときは,2~4週間のギプス固定で,その後,徐々にリハビリが開始されます。
XPで異常が確認されないときでも,一定期間の外固定は必要となります。
それでも不安定性が改善されないときは,手術が選択されます。
母指MP関節尺側々副靭帯損傷では,靭帯の断端が反転して,母指内転筋腱膜の下に挟まってしまうステナー障害を発症する可能性が高く,そうなると治癒不能の状態が起こり,手術が必要です。
受傷後早期では,靭帯縫合術が行われます。完全断裂で3週間以上が経過したときは、断端同士を縫合することが困難となり,側副靱帯再建術が必要となることが予想されます。

予想される後遺障害等級について

 側副靭帯損傷は不安定症の後遺症が残る場合もありますが,多くの場合,「手指の用を廃する」後遺症と評価されない場合が多いと思います。
痛み,痺れ等の神経症状が残っているとして,12級13号,14級9号の該当事案が多いかもしれません。

関連記事はこちら

交通事故・無料相談 弁護士法人前島綜合法律事務所

事務所概要
  • 本厚木駅前事務所

    本厚木駅 徒歩0
    〒243-0014
    神奈川県厚木市旭町一丁目27番1号
    後藤ビル2階
    TEL:046-229-0905
    FAX:046-229-0906
  • 相模大野駅前事務所

    相模大野駅 徒歩3
    〒252-0303
    相模原市南区相模大野4丁目5番5号
    相模大野ロビーファイブ2階D棟204
    TEL:042-749-1138
    FAX:042-749-1139
  • 新宿事務所

    西新宿駅 徒歩1分、
    新宿駅西口徒歩 徒歩8
    〒160-0023
    新宿区西新宿8-11-10
    星野ビル3階315号室
    TEL:03-6403-0755
  • 八王子事務所

    JR京王八王子駅 徒歩5
    〒192-0081
    東京都八王子市横山町25-16
    フロイデンビル3階A号室
    TEL:042-649-9030
    FAX:042-649-9031