手指の伸筋腱脱臼

手指の伸筋腱脱臼

 手を握って拳骨を作ったときの拳頭部分は,中手骨頭(ちゅうしゅこっとう)を覆うように伸筋腱が存在しています。
 中手骨頭付近には,矢状索と呼ばれる組織があり,伸筋腱が中央部からずれることのないように支えています。
 すなわち,中手骨頭は丸い形をしているため,この矢状索が損傷すると,伸筋腱を中央部に保持できなくなり,拳骨を握ると,伸筋腱が中手骨頭の横にズレ落ちるのです。
 この状態を伸筋腱脱臼と呼んでいます。

 治療は手術により,矢状索損傷部の縫合,もしくは伸筋腱の一部を用いて矢状索を再建する方法が実施されています。

関連記事はこちら

交通事故・無料相談 弁護士法人前島綜合法律事務所

事務所概要
  • 本厚木駅前事務所

    本厚木駅 徒歩0
    〒243-0014
    神奈川県厚木市旭町一丁目27番1号
    後藤ビル2階
    TEL:046-229-0905
    FAX:046-229-0906
  • 相模大野駅前事務所

    相模大野駅 徒歩3
    〒252-0303
    相模原市南区相模大野4丁目5番5号
    相模大野ロビーファイブ2階D棟204
    TEL:042-749-1138
    FAX:042-749-1139
  • 新宿事務所

    西新宿駅 徒歩1分、
    新宿駅西口徒歩 徒歩8
    〒160-0023
    新宿区西新宿8-11-10
    星野ビル3階315号室
    TEL:03-6403-0755
  • 八王子事務所

    JR京王八王子駅 徒歩5
    〒192-0081
    東京都八王子市横山町25-16
    フロイデンビル3階A号室
    TEL:042-649-9030
    FAX:042-649-9031