食事のあと、食道を通過して胃に到達した食べ物は、どのように処理されているのでしょうか?
胃は、筋肉が袋状となった器官で、大きく分類すると、消化と殺菌の2つの役割を果たしています。

胃は、食道から運ばれてきた食べ物を消化します。
胃には伸縮性があり、満腹時には1.5リットルの大きさに膨らみます。

1つ目の消化ですが、食道を通過した食べ物は、蠕動運動により、破砕され、
胃液と混ざり合って、粥状になるまで消化されたあと、一二指腸へと送り出されていきます。

胃では、消化は行なわれていますが、水や糖分、アルコールなど、
ごく一部のものは吸収されるものの、栄養の吸収は、ほとんど行われていません。

2つ目の殺菌ですが、胃液の性質は、ほとんどの蛋白質を変性させてしまう強力な酸性です。
胃液の成分は、塩酸、ペプシノーゲン、粘液の3つで構成されています。
胃液は、食べ物と共に進入してきたウイルスや細菌の増殖を抑え、殺菌する効果を果たしています。

胃の入口を、噴門、出口を幽門と呼んでいます。
噴門は、胃液や胃の内容物が食道に逆流しないように、栓の役目を果たしています。
幽門は、いつもは閉じており、食べ物が消化されて一二指腸へ送られるときに限り、開いています。

胃の表面の胃壁は、粘膜で覆われています。
この粘膜には、3000~4000万個の小さな穴、胃腺が開いており、
そこから1.5~2リットルの胃液が絶え間なく分泌、供給されています。

※ゲップ
ビールや飲料水の炭酸、食事のときに飲み込んだ空気は、胃の底部に溜まります。
溜まった空気が一定量に達すると、胃の収縮によって噴門が開き、口から放出されるのです。

赤ちゃんは、母乳やミルクを飲みながら、同時に、息もしています。
喉頭蓋が大人よりも高い位置にあり、息をしながら、ミルクを飲み続けることができるのです。
これはメリットですが、デメリットは、胃の中に、大量の空気が入り込むことです。

そして、赤ちゃんは、自力でゲップを出すことができません。
ミルクをしっかり胃の中に入れて消化吸収させ、飲んだミルクを吐くことなく、
また気管が詰まり、息苦しくならないように、空気がお腹を圧迫しないようにするためには、
食後のゲップ出しは、親にとって重要な役目となるのです。

生後4カ月を過ぎて、首が据わる頃には、赤ちゃんの口から喉は、大人と同じ構造に近づくので、
息をしながらミルクを飲めなくなり、空気も飲み込み過ぎないように調整できるようになります。

子どもの親であれば、誰もが、悩み、経験することです。

関連記事はこちら

交通事故・無料相談 弁護士法人前島綜合法律事務所

事務所概要
  • 本厚木駅前事務所

    本厚木駅 徒歩0
    〒243-0014
    神奈川県厚木市旭町一丁目27番1号
    後藤ビル2階
    TEL:046-229-0905
    FAX:046-229-0906
  • 相模大野駅前事務所

    相模大野駅 徒歩3
    〒252-0303
    相模原市南区相模大野4丁目5番5号
    相模大野ロビーファイブ2階D棟204
    TEL:042-749-1138
    FAX:042-749-1139
  • 新宿事務所

    西新宿駅 徒歩1分、
    新宿駅西口徒歩 徒歩8
    〒160-0023
    新宿区西新宿8-11-10
    星野ビル3階315号室
    TEL:03-6403-0755
  • 八王子事務所

    JR京王八王子駅 徒歩5
    〒192-0081
    東京都八王子市横山町25-16
    フロイデンビル3階A号室
    TEL:042-649-9030
    FAX:042-649-9031