浅腓骨神経麻痺

浅腓骨神経麻痺

 膝窩部で坐骨神経から枝分かれした総腓骨神経は,腓骨々頭の後ろから前側に回り込むように走行し,膝下部,深腓骨神経と浅腓骨神経に分岐して腓骨に寄り添って足趾まで下降しています。

軽い内返し捻挫のイメージ

 下腿を走行,下降してきた浅腓骨神経は,足関節の手前で,中間足背神経と,内側足背神経に分岐し,足趾に到達,足の甲から足指の上側の感覚を支配しています。
先のイラストですが,上の青い○印の部分で,浅腓骨神経が圧迫されることが多いです。
下の青○印は,足首を内返しに捻挫したときに,距骨の角が隆起して浅腓骨神経を下から押し上げ,伸びてしまうことがあります。いずれも,足の甲の先部分にしびれと痛みを発症します。

 浅腓骨神経麻痺は,足の甲部周辺の感覚を支配する神経であり,この神経に麻痺が生じても,足関節や足趾の自動運動が不能になること,筋萎縮することもありません。
青○印の2つのポイントを圧迫しないようにすれば,程なく改善するもので,交通事故であっても,後遺障害の対象ではありません。

深腓骨神経麻痺,浅腓骨神経麻痺における後遺障害のポイント

① 腓骨神経麻痺について

 神経の断裂によるものであり,好発部位は,膝関節の外側部である腓骨々頭と,足関節遠位端の外果部の2ヶ所に限られます。
これらの部位の脱臼や開放性粉砕骨折では,深刻な腓骨神経麻痺が予想されます。

② ポイント

 交通事故受傷では,主に整形外科で治療を受けます。ところが,手足の傷害において医師の反応は,この領域の専門医でもない限りは神経質なものではありません。
本件で足の甲のしびれを訴えても,患部を触診やMRI撮影を行うことはなく,「腰からきているかも?」「足の血行障害じゃないの?」と思われ,浅腓骨神経麻痺であることを見逃されてしまう事が多いです。

 腰部が原因としてホットパックや腰椎牽引を繰り返しても,改善は得られません。

関連記事はこちら

交通事故・無料相談 弁護士法人前島綜合法律事務所

事務所概要
  • 本厚木駅前事務所

    本厚木駅 徒歩0
    〒243-0014
    神奈川県厚木市旭町一丁目27番1号
    後藤ビル2階
    TEL:046-229-0905
    FAX:046-229-0906
  • 相模大野駅前事務所

    相模大野駅 徒歩3
    〒252-0303
    相模原市南区相模大野4丁目5番5号
    相模大野ロビーファイブ2階D棟204
    TEL:042-749-1138
    FAX:042-749-1139
  • 新宿事務所

    西新宿駅 徒歩1分、
    新宿駅西口徒歩 徒歩8
    〒160-0023
    新宿区西新宿8-11-10
    星野ビル3階315号室
    TEL:03-6403-0755
  • 八王子事務所

    JR京王八王子駅 徒歩5
    〒192-0081
    東京都八王子市横山町25-16
    フロイデンビル3階A号室
    TEL:042-649-9030
    FAX:042-649-9031