股関節中心性脱臼

股関節中心性脱臼

 先に説明した股関節後方脱臼骨折は,dashboard injuryを原因とすることが多いのですが,中心性脱臼は転子部の強打,つまり側方からの外力が加わることで発症しています。
交通事故では自転車・バイクVS自動車の衝突で,自転車・バイクの運転者に多発しています。

 関節包が敗れることは少ないのですが,臼蓋底骨折により大腿転子部は陥没します。
一般的な治療としては大腿骨の遠位部を力点とし,十数kgの重りで4週間の直達牽引を行います。

 これにより大腿骨を臼蓋底から引っ張りだし,臼蓋底骨折部が自然に癒合するのを待つのです。
長くても,4~6週間でリハビリテーションに移行できます。

 外傷性股関節脱臼には,後方脱臼,中心性脱臼以外にも,前方脱臼があります。
前方脱臼では関節包前面を損傷し,大腿骨頭骨折や大腿骨頭靱帯断裂,大腿動脈損傷,大腿神経損傷を合併することが多くみられます。重症例は滅多に発生することはありません。

股関節中心性脱臼における後遺障害のポイント

 脱臼骨折ですから重症例なのですが,ボールのように丸い大腿骨頭がお椀状の受け皿である寛骨臼蓋底をピンポイントで突き破ったもの,と想定してください。
直達牽引により臼蓋底骨折部の骨癒合が良好に得られれば,骨頭壊死の可能性も低く,予後は良好で後遺障害を残すこともありません。

 骨頭壊死の可能性は低いとしても,近い将来の変形性股関節症や骨化性筋炎は予想されます。
3DCT,MRIで骨癒合を立証して,それらに備えなければなりません。

 やはり漫然治療を続けると,後遺障害における機能障害や神経症状は否定される可能性があります。
6~7ヶ月で症状固定を決断する必要があります。

事例

 ご高齢の男性が,自転車VS自動車の出合い頭衝突で,右股関節臼蓋骨折と診断されました。
ところが高齢のため手術はできないので入院しているが,このままでは寝たきりになるとご子息より相談がありました。

 入院中の被害者は,右大腿部の直達牽引を受けていました。
主治医に確認したところ右股関節の中心性脱臼であり,直達牽引で保存的に臼蓋底骨折部の骨癒合を経過観察しており,あと2週間の牽引でリハビリを開始するとのことでした。
つまり股関節中心性脱臼の一般的な治療が実施されており,これで寝たきりはあり得ません。
その後リハビリが続けられましたが,大腿骨転子部はやや陥没しており,すでに変形性股関節症の初期段階でした。これ以上,股関節症が進行するのを防止する観点から,杖使用による歩行が指示され症状固定となりました。
変形性股関節症が認められ,股関節の機能障害として10級11号が認定されました。

関連記事はこちら

交通事故・無料相談 弁護士法人前島綜合法律事務所

事務所概要
  • 本厚木駅前事務所

    本厚木駅 徒歩0
    〒243-0014
    神奈川県厚木市旭町一丁目27番1号
    後藤ビル2階
    TEL:046-229-0905
    FAX:046-229-0906
  • 相模大野駅前事務所

    相模大野駅 徒歩3
    〒252-0303
    相模原市南区相模大野4丁目5番5号
    相模大野ロビーファイブ2階D棟204
    TEL:042-749-1138
    FAX:042-749-1139
  • 新宿事務所

    西新宿駅 徒歩1分、
    新宿駅西口徒歩 徒歩8
    〒160-0023
    新宿区西新宿8-11-10
    星野ビル3階315号室
    TEL:03-6403-0755
  • 八王子事務所

    JR京王八王子駅 徒歩5
    〒192-0081
    東京都八王子市横山町25-16
    フロイデンビル3階A号室
    TEL:042-649-9030
    FAX:042-649-9031