SLAP損傷=上方肩関節唇損傷

SLAP損傷=上方肩関節唇損傷

 SLAP損傷=上方肩関節唇損傷は,肩関節を構成する肩甲骨に付着する軟骨の関節唇が,交通事故外傷で断裂した状態のことです。

正常な関節唇

断裂した関節唇

 ○印の部分が関節唇で,三角形の形をした軟骨が上下に1つずつあります。

 肩関節を構成する肩甲骨に付着する軟骨を関節唇と呼んでいます。
上腕骨と肩甲骨の間に存在し,肩関節の安定,関節の可動性,滑り止めの機能を有しています。

SLAP損傷における後遺障害

 ① MRIで断裂して剥がれかかっている関節唇=軟骨が,保存療法で治癒することはありません。
時間の経過で,痛みも少なくなり,可動域も一定程度は改善しますが,元通りに治ることはありません。

事例

 32歳男性がバイクを運転中に自動車と接触,転倒して,左肩を路面に打ちつけました。
傷病名は,左肩腱板損傷,SLAP損傷と記載されています。
6ヶ月を経過した時点の症状は,左肩痛,左肩関節の可動域制限でした。
MRIで,左棘上筋の部分断裂と左上方肩関節唇の断裂が確認されました。
肩関節の可動域は,屈曲が150°外転が130°内転0°でした。
左肩の痛みは,一時よりは軽減しているとのことであったので,症状固定,後遺障害診断,被害者請求とすることをアドバイス,弊所において外部委託をしている法人が治療先をサポートすることになりました。

 相談会から3カ月後に12級6号が認定されました。

 示談締結後被害者は,内視鏡下関節唇修復術を受けました。
断裂して剥がれかかった関節唇は,内視鏡下で縫合されオペに要した時間は2時間未満です。
入院4日で退院,職場に復帰し,リハビリ通院は20回で完了,元の可動域まで戻りました。

 内視鏡下関節唇修復術は高度な技術であり,その技術を有している病院があれば,早い段階で,この手術が実施されています。
その場合後遺障害は棘上筋損傷の痛みで,14級9号にとどまると予想します。

関連記事はこちら

交通事故・無料相談 弁護士法人前島綜合法律事務所

事務所概要
  • 本厚木駅前事務所

    本厚木駅 徒歩0
    〒243-0014
    神奈川県厚木市旭町一丁目27番1号
    後藤ビル2階
    TEL:046-229-0905
    FAX:046-229-0906
  • 相模大野駅前事務所

    相模大野駅 徒歩3
    〒252-0303
    相模原市南区相模大野4丁目5番5号
    相模大野ロビーファイブ2階D棟204
    TEL:042-749-1138
    FAX:042-749-1139
  • 新宿事務所

    西新宿駅 徒歩1分、
    新宿駅西口徒歩 徒歩8
    〒160-0023
    新宿区西新宿8-11-10
    星野ビル3階315号室
    TEL:03-6403-0755
  • 八王子事務所

    JR京王八王子駅 徒歩5
    〒192-0081
    東京都八王子市横山町25-16
    フロイデンビル3階A号室
    TEL:042-649-9030
    FAX:042-649-9031