交通事故・後遺障害・示談交渉の相談。本厚木駅南口徒歩1分、相模大野駅徒歩3分、JR・京王八王子駅徒歩5分。弁護士法人前島綜合法律事務所。

厚木・相模原 弁護士による交通事故相談

前島綜合法律事務所
  • HOME
  • 当の事務所の特徴
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 解決までの流れ
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 相談の流れ
  • 弁護士費用
  • 事務所紹介

上腕骨近位端骨折

12image2.png 12image1.gif

① 上腕骨近位端骨折について

 上腕とは,肩関節からぶら下がる二の腕のことです。
 上腕骨近位端とは,肩関節近くの部分です。
 上腕骨近位端骨折は,骨折の部位と骨片の数で,重傷度や予後,治療法が決まります。
 上記のイラストは,骨折の部位と骨片の数による分類を示しています。
 医療分野においては,骨頭,大結節(だいけっせつ),小結節(しょうけっせつ),骨幹部(こっかんぶ)の4つに区分されています。

12image3.gif

 交通事故では,肩を地面に打ちつけることで骨折するケースが多いです。
 高齢者では転倒などの軽い外力により,手をついただけで骨折に至ることが多いです。
 上腕骨近位端骨折は,股関節部の大腿骨近位端骨折,手関節部の橈骨遠位端骨折(とうこつえんいたんこっせつ),脊椎圧迫骨折と並び,高齢者に多い骨折の一つです。
 その背景には,骨粗しょう症の存在があります。

12image4.gif

前面右      後面右        外側


 上腕骨の大結節,小結節は,上腕骨骨頭部で肩関節を構成している部分ですが,右前面図で説明すると,上部左側の小さな盛り上がりが小結節,左上部の大きな盛り上がりが大結節です。

12image5.gif
 

左図は上腕骨が肩甲骨の関節窩に衝突,大結節が骨折したものです。 右図は,大結節が肩峰に衝突,骨折したものです。



12image6.gif

棘上筋の牽引により大結節が剥離骨折したものです。



② 上腕骨近位端骨折の治療方法について

 骨頭でズレのない場合は,3週間の三角巾固定で十分です。
 転位(=ズレ)が認められるときは,X線透視下に徒手整復を実施,4週間のギプス固定を行います。
 脱臼を整復すれば骨折も整復されることが多いのです。
 大結節では,転位(=ズレ)が軽度でも肩関節の炎症を起こしやすく,皮膚の上かKワイヤーやラッシュピンで固定するのが主流です。
 小結節,骨幹部では,いずれも観血的整復固定術を行います。
 髄内釘やプレート固定が実施されます。

③ 症状固定時期について

 受傷から半年を超えたところで症状固定を行い,後遺障害等級申請に進むケースが多いです。
 後遺障害は肩関節の機能障害で,12級6号,10級10号の後遺障害等級が認められます。
 (12級6号 一上肢の 3 大関節中の 1 関節の機能に障害を残すもの)
 (10級10号一上肢の 3 大関節中の 1 関節の機能に著しい障害を残すもの)


④ 予想される後遺障害等級について

 上腕骨近位端骨折では,肩関節の機能障害,つまり可動域制限と骨折部の痛みが後遺障害の対象となります。

部位 主要運動 参考運動
肩関節 屈曲 外転 内転 合計 伸展 外旋 内旋
正常値 180° 180° 0° 360° 50° 60° 80°
8級6号 20° 20° 0° 40°      
10級10号 90° 90° 0° 180° 25° 30° 40°
12級6号 135° 135° 0° 270° 40° 45° 60°


 機能障害では,8級6号,10級10号,12級6号の後遺障害等級が認められます。
 (8級6号 一上肢の 3 大関節中の 1 関節の用を廃したもの)
 (10 級10号一上肢の 3 大関節中の 1 関節の機能に著しい障害を残すもの)
 (12級6号一上肢の 3 大関節中の 1 関節の機能に障害を残すもの)


 痛みの神経症状では,12級13号,14級9号の後遺障害等級が認められます。
 (12級13号 局部に頑固な神経症状を残すもの)
 (14級9号 9 局部に神経症状を残すもの)


 小結節,骨幹部で転位の大きいものは,骨頭壊死を発症する可能性が高く,上腕骨頭が壊死すれば,人工骨頭置換術が行われます。
 骨粗しょう症の進んだ高齢者では,高頻度に壊死が懸念されます。
 最近,同部位を粉砕骨折した高齢者女性で,人工骨頭置換術を行い,10級10号が認定されました。

⑤ 後遺障害のポイント

 医学的に,転位(=ズレ)が認められない骨折の場合,治癒することが多く,痛みや可動域制限といった後遺障害は残りません。
 それゆえ,いくら自覚症状として痛みや可動域制限といった後遺障害が残っていたとしても,医学的に骨の不癒合を立証できなければ,機能障害の後遺障害等級は認められません。
 したがって,傷病名が上腕骨近位端骨折であり肩関節の可動域制限があるからといって,安易に機能障害の後遺障害等級が認められると予想することは適切ではありません。

その他の後遺障害に関連した傷病

精神・神経の傷病名と後遺障害のポイント

頭部外傷・高次脳機能障害

上肢・手指

ImgTop10.jpg

本厚木駅前事務所 相模大野駅前事務所
motoatugi.JPG sagamioono1023.jpg
八王子事務所
eyhrfoiaebgfoi.jpg

当事務所の基本情報

事務所概要.png 料金表.png
弁護士紹介.png アクセス.png
解決事例.png TOP.png
本厚木駅前事務所 〒243-0014 神奈川県厚木市旭町一丁目27番1号 後藤ビル2階
相模大野駅前事務所 〒252-0303 相模原市南区相模大野4丁目5番5号 相模大野ロビーファイブ2階D棟204
八王子事務所 〒192-0081 東京都八王子市横山町25-16 フロイデンビル3階A号室
初めての方でも安心してご相談いただける地元厚木・相模原・八王子の法律事務所です。
Copyright (C) 弁護士法人前島綜合法律事務所 All Rights Reserved.