交通事故・後遺障害・示談交渉の相談。本厚木駅南口徒歩1分、相模大野駅徒歩3分、JR・京王八王子駅徒歩5分。弁護士法人前島綜合法律事務所。

厚木・相模原 弁護士による交通事故相談

前島綜合法律事務所
  • HOME
  • 当の事務所の特徴
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 解決までの流れ
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 相談の流れ
  • 弁護士費用
  • 事務所紹介

腓腹筋断裂 肉離れ

114image1.gif
114image2.gif

 ふくらはぎは,下腿骨,脛骨+腓骨の後方に位置するのですが,下腿骨後方は,コンパートメントと呼ばれる隔壁で,浅部と深部に分けられています。
 浅部にある筋肉,腓腹筋とヒラメ筋で構成されており,この2つの筋肉は下腿三頭筋と呼ばれています。下腿三頭筋はアキレス腱に連結しています。

※コンパートメント 筋肉を覆う筋膜組織で構成された隔壁で筋間中隔とも呼ばれます。

事例

 原付を運転,信号待ち停止中に,軽トラックの追突を受けたもので,0:100,傷病名は,右ふくらはぎの打撲,頚部捻挫,腰部挫傷でした。
 右ふくらはぎは,内出血で青黒く変色しており,右下腿周径は左に比較して筋萎縮,右腓腹筋内側にかすかな陥没が認められ,その部分を押すと,激痛を訴えました。
 「右腓腹筋が断裂しているのではないか?」と予想し,スポーツ外来に特化した整形外科を紹介しました。
 エコー検査で,右腓腹筋の断裂が確認され,傷病名は,右腓腹筋の断裂となりました。
 患部の炎症を抑える必要から,鎮痛消炎剤の内服,筋肉の過緊張を和らげる徒手療法,筋肉の働きを助けるテーピングがなされ,5日後からは筋肉を柔軟,強くして再断裂を予防する運動療法が開始されました。松葉杖がとれ,就労復帰したのは,受傷から3週間後です。
 幸い,後遺障害を残すこともなく,完全治癒しました。

114image3.gif


腓腹筋,ふくらはぎの肉離れ
重傷 膝を曲げてもストレッチで痛み,つま先立ちができない。
中程度 膝を曲げていれば,ストレッチ痛が軽度である。
軽傷 ストレッチ痛が軽度である。
  114image4.gif
大腿後面,ハムストリングの肉離れ

114image5.gif 大腿前面の大腿四頭筋の肉離れ


腓腹筋断裂における後遺障害

 腓腹筋の挫傷,腓腹筋の断裂は,分かりやすく言えば,ふくらはぎ部分の肉離れです。
 重傷であっても,3ヶ月以内に完治するものです。
 したがって,後遺障害は認定されることはありません。

本厚木駅前事務所 〒243-0014 神奈川県厚木市旭町一丁目27番1号 後藤ビル2階
相模大野駅前事務所 〒252-0303 相模原市南区相模大野4丁目5番5号 相模大野ロビーファイブ2階D棟204
八王子事務所 〒192-0081 東京都八王子市横山町25-16 フロイデンビル3階A号室
初めての方でも安心してご相談いただける地元厚木・相模原・八王子の法律事務所です。
Copyright (C) 弁護士法人前島綜合法律事務所 All Rights Reserved.