交通事故・後遺障害・示談交渉の相談。横浜弁護士会 弁護士 前島 憲司。小田急・本厚木駅南口徒歩0分、相模大野駅徒歩3分、JR・京王八王子駅徒歩5分。

厚木・相模原 弁護士による交通事故相談

前島綜合法律事務所
  • HOME
  • 当の事務所の特徴
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 解決までの流れ
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 相談の流れ
  • 弁護士費用
  • 事務所紹介

基節骨の骨折

 交通事故における足趾の骨折は,歩行者と自転車・二輪車・軽四輪トラックの運転者がほとんどで,それも夏に多発していましたが,近年,クロックスなどの普及で季節感はなくなりつつある傾向です。
 それでは,足趾の骨折について解説いたします。
75image1.gif
 足趾の骨は,親趾では基節骨と末節骨の2本,他の趾では基節骨,中節骨と末節骨の3本で構成されており,これは手指と一致しています。
 症状としては骨折部位の圧痛・腫脹・皮下出血が認められ,骨折はXP(レントゲン)検査で確認できます。
 足趾の強打・突き指による骨折の多くは,骨転位のないものが多く,テーピングとアルミ製の副子で固定し,3週間の患部の安静を確保することができれば,後遺障害を残すことなく治癒します。

75image2.gif
第5基節骨々折に対し,アルミプレートを足に合わせて加工し、第4趾を添え木代わりとして固定します。