交通事故・後遺障害・示談交渉の相談。本厚木駅南口徒歩1分、相模大野駅徒歩3分、JR・京王八王子駅徒歩5分。弁護士法人前島綜合法律事務所。

厚木・相模原 弁護士による交通事故相談

前島綜合法律事務所
  • HOME
  • 当の事務所の特徴
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 解決までの流れ
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 相談の流れ
  • 弁護士費用
  • 事務所紹介

ショパール関節脱臼骨折


80-81-84image1.gif
 ショパール関節とは,上記の関節で,横足根関節とも呼ばれています。
 交通事故では,自転車,バイク,高所からの転落事故で起こり得ます。
 足を強く挟まれ,内側に捻挫したとき,つま先が足の裏を向く,内返しの力が加えられたときに,ショパール関節は脱臼骨折しています。

 骨折や脱臼部の転位(骨の曲がりやズレ)が小さいときは保存療法が,開放性脱臼骨折で転位が大きいとき,踵骨骨折を合併しているときは,手術が選択されます。

ショパール関節脱臼骨折における後遺障害

  1. 転位が小さく,亜脱臼レベルで保存療法が選択されたものは,足関節に機能障害を残すことはありませんが,受傷から6ヶ月を経過した段階では,運動痛の訴えを残しています。
    整復後の骨癒合状況を3DCTで,靱帯部分の損傷はMRIで立証することになります。
    器質的損傷(骨折や脱臼)が確認されれば,14級9号,12級13号の認定が期待できます。
    ここでいう器質的損傷とは,画像で確認できる外傷性所見のことです。
    ただ,痛いと訴えても,等級の認定にはつながりません。症状固定時期の決断も,重要な要素です。
     
  2. 開放性脱臼骨折で転位が大きいとき,踵骨骨折を合併しているときは,手術が選択されますが,ほとんどのケースで足関節に12級7号以上の機能障害を残します。
    参照事例として,踵骨骨折に腓骨神経麻痺(ひこつしんけいまひ)を合併,足底板の装着と杖の使用を余儀なくされ,併合7級を獲得したケースが存在します。
     
本厚木駅前事務所 〒243-0014 神奈川県厚木市旭町一丁目27番1号 後藤ビル2階
相模大野駅前事務所 〒252-0303 相模原市南区相模大野4丁目5番5号 相模大野ロビーファイブ2階D棟204
八王子事務所 〒192-0081 東京都八王子市横山町25-16 フロイデンビル3階A号室
初めての方でも安心してご相談いただける地元厚木・相模原・八王子の法律事務所です。
Copyright (C) 弁護士法人前島綜合法律事務所 All Rights Reserved.