交通事故・後遺障害・示談交渉の相談。横浜弁護士会 弁護士 前島 憲司。小田急・本厚木駅南口徒歩0分、相模大野駅徒歩3分、JR・京王八王子駅徒歩5分。

厚木・相模原 弁護士による交通事故相談

前島綜合法律事務所
  • HOME
  • 当の事務所の特徴
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 解決までの流れ
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 相談の流れ
  • 弁護士費用
  • 事務所紹介

踵骨前方突起骨折

 立方骨圧迫骨折に次いで,足関節捻挫として見逃されるものに,踵骨前方突起骨折があります。
 
90-1.jpg
 大きな外返し捻挫に伴う外力と,踵骨前方突起に付着している二分靱帯の張力が作用して前方突起部が裂離骨折するのです。同じ作用が舟状骨や立方骨に働いたときは,これらの骨が骨折します。

 交通事故においては,歩行中,自転車,バイク対自動車の衝突で,足の外返し捻挫(足首を外側にひねった)したときに発症しています。
 足の外側が大きく腫れ,直後は,激痛で歩行することができない症状が特徴です。
 受傷直後,足関節捻挫と診断され,その後の経過で腫れもひき,痛みも軽くはなったが,体重を掛ける,足を捻ると,疼痛を発症するときは,この骨折が疑われます。

 距骨外側突起骨折,立方骨圧迫骨折は,足関節捻挫と誤診され,看過されやすい骨折です。
 レントゲンでは,距骨と重なるところから,見落とされる可能性が高いのです。
 踵骨前方突起骨折は,前方突起縁の二分靭帯付着部の裂離骨折ですが,近位の二分靭帯損傷と誤診されることも多いのです。
 外側靭帯や二分靭帯の断裂と診断されても,3週間以上痛みと腫れが続くようなら,専門医を受診,XP,CTで圧痛部位を中心として,踵骨前方突起,立方骨関節面,距骨外側突起先端を詳細に検証しなければなりません。

 踵骨前方突起は内返しで剥離骨折,外返しで距骨と衝突して圧迫骨折を起こす,側面X線写真で距骨と重なり見落とされ,難治性の 捻挫として長期に加療されることがあります。

 初期であれば,3週間程度のギブス固定により,後遺障害を残すことなく完治するものです。
 陳旧例では,外側縦アーチを保持する,幅広の硬性アーチサポートを装用します。

 それでも,疼痛が改善しないときは,偽関節では骨接合術や骨片切除などの手術対応となります。


踵骨前方突起骨折における後遺障害

①大きな捻挫として見過ごされることがほとんど

 踵骨前方突起骨折は,大きな捻挫として見過ごされ,放置され陳旧化することがほとんどなのです。
 見逃されたまま陳旧化すると,当然に疼痛や,それを原因とする機能障害を残しています。
 専門医であれば陳旧例に対して,ステロイド剤や局所麻酔剤などの注射による保存療法が選択され,それでも疼痛が改善しないときは,裂離した骨片の摘出術が施行されます。

 しかし,6ヶ月を超えていれば,症状固定を選択,疼痛と機能障害で後遺障害の獲得を目指します。
 専門医の治療は,本件の損害賠償が決着してから,健保適用で行います。なぜかというと,12級7号が14級9号となってしまうからです。

 放置された踵骨前方突起骨折で,12級7号を獲得したケースがあります。
 12級の場合,後遺障害保険金として290万円(自賠責基準は224万円)の支払いとなりますが,14級の場合は後遺障害保険金は110万円(自賠責基準は75万円)となります。