交通事故・後遺障害・示談交渉の相談。本厚木駅南口徒歩1分、相模大野駅徒歩3分、JR・京王八王子駅徒歩5分。弁護士法人前島綜合法律事務所。

厚木・相模原 弁護士による交通事故相談

前島綜合法律事務所
  • HOME
  • 当の事務所の特徴
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 解決までの流れ
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 相談の流れ
  • 弁護士費用
  • 事務所紹介

右足関節果部骨折

93-1.jpg
 足関節は,足関節の上にある脛骨・腓骨の遠位端とこれらに接触している距骨(きょこつ),脛骨(けいこつ)・腓骨(ひこつ)と靭帯でつながっている踵骨で形成されています。

93-2.jpg
 レントゲン,CT,MRIで右腓骨の骨幹部骨折を確認したところ,右腓骨は衝撃で中央部の骨幹部が横骨折し,その外力で腓骨遠位端部が脱臼骨折していました。
 右腓骨の骨幹部はAOプレートで固定,脛骨と腓骨の離開はボルト固定,剥離した脛腓靱帯はアンカーボルトで固定されています。

 右足関節の可動域は,背屈が15°屈曲が35°であり,2分の1に近い制限が認められました。
 3ヶ月経過で10級11号+5°の可動域ですから,6ヶ月の時点で症状固定とすれば,12級7号の等級認定が予想されます。

 足関節果部とは,腓骨の一部である外果と脛骨の一部である内果,脛骨遠位端前側の内果と脛骨遠位端後側の後果のことで,梅干しとか,踝(くるぶし)と呼ばれている部分です。

93-3.jpg

右足関節果部骨折における後遺障害

損害保険料率算出機構調査事務所へのアプローチ
  1. 足関節のどの部分にどのような骨折をしているのか?
  2. その後の治療により,どのように骨癒合しているのか?
  3. 足関節にどのレベルの可動域制限を残しているか?
  4. 例外的に,足関節および足趾に神経麻痺があり,それが立証されているか?

 10級11号が認定されれば,訴訟基準では3000万円を超える損害賠償額となります。
 審査では,いつでも3段論法で精査が行われており,可動域のチェックは最終判断項目となるのです。
 なぜ2分の1以下の可動域となったのか?それに至る理由が必要とされます。

 これらの3段論法に対応するには,
  1. 脛骨,腓骨,距骨,踵骨,どの骨が骨折しているのか?
  2. 骨折の部位は,骨幹部それとも遠位端? 遠位端であれば,外果,内果あるいは後果?
  3. 骨折の形状は,亀裂,開放性,粉砕,剥離? 手術の内容は? 現在の骨癒合状況は?
  4. 周辺靭帯の損傷は? 靱帯損傷がMRIで立証されているか?
  5. 最後に,足関節にどのレベルの可動域制限が認められるか?
  • 痛くて動かすことができない → 疼痛の原因は?
  • 関節烈隙(かんせつれつげき=関節の隙間)の狭小化や関節部の軟骨損傷はあるか? → 変形性足関節症なのか?
  • 腓骨神経麻痺などで力が入らないのか? → 神経伝達速度検査,針筋電図検査で立証されているか?

 これらの確認が必要となります。
 どの骨,どの部位,どんな骨折,骨の癒合状況,これらは,XP,CTで確認できます。
 靱帯損傷なら,MRIでチェックする必要があります。

 腓骨神経は,下腿を走行する神経ですが,坐骨神経から腓骨神経と脛骨神経に分かれ,腓骨神経は,膝の外側を通り,腓骨の側面を下降して,足関節を通過,足趾に達しています。
 腓骨神経麻痺を議論するには,上記の要件を把握している必要があります。

本厚木駅前事務所 〒243-0014 神奈川県厚木市旭町一丁目27番1号 後藤ビル2階
相模大野駅前事務所 〒252-0303 相模原市南区相模大野4丁目5番5号 相模大野ロビーファイブ2階D棟204
八王子事務所 〒192-0081 東京都八王子市横山町25-16 フロイデンビル3階A号室
初めての方でも安心してご相談いただける地元厚木・相模原・八王子の法律事務所です。
Copyright (C) 弁護士法人前島綜合法律事務所 All Rights Reserved.